竹炭石鹸は赤ちゃん肌、きれいなママにぴったりの「肌石鹸」

FrontPage

竹炭石鹸は本当に肌にいいの?

最近、ドラックストアでも「炭」入りの商品が目立っています。中でも竹炭石鹸は普通の石鹸よりも肌にいいと言われています。
なぜでしょうか?   ご存知でしたか?

竹炭石鹸が肌にいい最大の理由は

竹炭石鹸に使用する竹の炭は吸着力は通常の木炭より、なんと10倍以上もあることです。そのため、毛穴、皮質の汚れも分解、吸着するからです。

竹炭と他の炭との違い

使用する原木

  • 広葉樹から作ったものと針葉樹で作ったものがあります。
  • 広葉樹から作る
    • 広葉樹のものは機密で、重く、火持ちが良いため燃料用に適しています。 
    • この代表が有名な備長炭です。針葉樹の炭は軽く、崩れやすくもろいですが、においや水蒸気を多く吸収します。
      材料の比重も重く、炭を顕微鏡で見た際も、穴が余り有りません。
    • また、良くホームセンターで販売されている、マングローブの炭も、南洋備長炭と呼ばれ、堅く重いのが特徴です。 
      こうした重い炭は、火持ちも良く燃料に向いていると言えます
  • 針葉樹から作る
    • 中でも竹です。竹炭石鹸''の原材料の成分を知ることで解明できます。特に竹を原料として作った石鹸がいいといわれています。
    • 組織が疎で吸湿性が非常にいいのが竹炭です。それはなぜか?通常の木炭に比べると吸着力いい。これが最大の理由です。縦横に細かい無数の孔が10倍以上の吸着力に高めることです。

竹炭で石鹸を作る

  • 竹炭石鹸、竹の性質を利用
    • 竹炭の強い吸着力を利用して、この性質を石鹸と混ぜ合わせることにより「竹炭石鹸」として最近知られるようになりました。
  • 竹炭の吸着・分解力
    • 炭の持つ吸着力の効果、石鹸の原料として配合することにより、細かな炭の粒子が-肌の汚れ-を除去します。
    • もう一つの炭の役割、それは天然の竹の持つ-殺菌効果皮脂汚れ、臭い、微生物等の有害成分を分解します。加齢臭などにはこの石鹸は最適です。
    • 皮脂をしっかり吸着し、さらにミネラル成分がお肌に潤いを与えます。あわ立ちがよく、皮膚毛穴の汚れを吸着 取り除きやすくしてくれます。このため、肌に優しく、石鹸特有のつっぱる感じがありません。
    • 殺菌力が強いことからにきび対策としてもお勧めです。

メーカーではこうした性質を生かし、無添加無香料肌ケア製品を作っています。

  • 竹炭石鹸は赤ちゃん向き
    • 吸着力・分解力・やさしいあわ立ちなど敏感肌の方や赤ちゃんが安心して使用できるのが竹炭石鹸です。

特選石鹸のお薦め通販商品

サッパリなのにしっとりとしたお肌に[竹炭石鹸105g]
この竹炭石鹸の購入者満足度内訳(楽天市場)
83人:★★★★★    		
12人:★★★★    	
1人 :★★★   	
1人 :★★    		
1人 :★   		
  • 購入者レビュー

・ニキビがポツポツとできやすい肌です。前はハーバルソープでしたがこっちも使ってみたくて購入しました。洗い上がりはハーバルソープよりキュッキュって感じでしたが乾燥はしません。こちらの方が透明感がでそうな気がしますし肌あたりも柔らかいように感じました。

・にきび肌の子供が使ってます。敏感肌なので馬油が含まれる石鹸ならと購入しました。浴室に置いたままでも溶けることなく、しっかり作られてます。


◆送料無料★お試しセット池田さんの美肌の湯配合手作り石鹸【1コインモニター大募集】洗い上が...
この手作り石鹸の購入者満足度(楽天市場)
98人:★★★★★
74人:★★★★    		
20人:★★★    		
 4人:★★    		
 2人:★    		
  • 購入者のレビュー

・アトピーで風呂上がりに痒みが酷くなる娘用に購入しました。この金額でトライアル出来るのは嬉しいです。1週間から10日ぐらいの間隔で幾つか試してみて、一番良かったものを正規購入したいと思っています。

・肌の弱い息子の為に購入しました。馬油配合で乾燥肌にとても良いです。(50代男性)

・アトピーでも良いとの事で、まず竹炭石鹸を試してみました。
ぜんぜん刺激が無くとても良かったです。気のせいか顔の色が白くなったように思います。泡はあまり立たないですが、洗い流すのに何回も水道水で洗わなくて済みとても気に入りました。(40代女性)

baby
  • 竹炭石鹸は時代にあった最適素材石鹸
    • 環境に負荷の少ない石鹸それが炭石鹸です。
    • 本来の肌の輝きを取り戻すために、ミネラル成分たっぷりの竹炭石鹸で素肌の汚れを取り除きましょう。
  • 石鹸という、昔から使われてきたものと、現代で見直されている素材との出会いが、せっけんの新たな可能性を見出したことになります。

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional